どんぐり学舎

かてごりー:日々思うこと

大人も子どもも、質問力

いま、中学生は中間テストを前に

「テスト前だから勉強しなさい」

という学校や家庭からの元も子もない圧力によって

本来の自分の向学心や向上心を実は失いつつあります

 

なんでそんなプレッシャーをかけるかなあ?

そんなん、自分で気づいてやらなくちゃどうにもならないのになあ?

そういうことを必死に子どもに言う人は、

自分が元すごーくまじめ生徒で、自分の歩んできたエリート路線(?)に自信があって、

自分みたいな安定した将来に全員の子を導きたい「先生」か、

自分が中学生の頃全然勉強しなくて、勉強嫌いで、後悔してる「保護者」が

自分のことは棚に上げ、自分の思春期の混沌を忘れ、

つねに子どもに自分勝手な理想を押しつけてるか

どっちかなのではないかな?と客観的に見て思うのです

 

テスト前に勉強しろ、というのがいかに無意味なことか、というのは

別の記事に書いたので省きますが…

 

もうひとりいました

うちの対策授業を受ければテストで1位がとれます!と

広告で自慢する「塾」

この問題、市内某中学のこの問題と一致しました!と問題のコピーが載っていて、

中学名が実名で、順位まで入った自慢広告が先週入っていました

それはもうどっさりと、テスト対策授業で予想問題を解かせます

で、点数をとれて、上位がとれて、広告に載せられます

おめでとう、おめでとう、その調子で入試も、その先の未来へも、

ぜひ、強靱な実力と精神力と豊かな心身をも鍛えてあげてください

 

ちなみに生徒たちの作るQノート(わからん帳)をテスト後に見て思うのは、

ほぼ全ての問題が、わたしの予想?と的中する、ということです

そんなの、わたしの予想ではありません

毎年、毎単元、重要なこと、出題されることは決まってます

先生の趣味で混ぜ込まれた特殊な問題以外は、

まあ、そうでしょうね

という問題ばかりだし、また、定期テストはそれでこそ!とも思います

プロなら誰でもわかることで、いちいち「当たりました!」と自慢することでもありません

プロじゃなくても、努力と工夫をして勉強に向かっている現役中学生なら

そんなのわかりきった出題傾向でしょう

 

奇抜な出題や、あまりに個性的な出題に、生徒たちを伸ばすための要素があるとは

思えません

日々の努力と工夫がきちんと確認されるテスト問題であってほしい

と願うばかり

 

ところが多くの生徒は

「これ、テスト前に解いてたねえ」「これも出たねえ」と言っても

「えっ!?そうだっけ!?」

まあ、これが実態です

予想問題と名付ければちゃんと覚えようとしたのでしょうかね

悪いけど、そんなうわべだけの勉強しかしない子の面倒まで見きれません

そんなんじゃ、いくらアドバイスしたってどうせ上の空なんでしょう

 

「教えない」ことで学ばせたい

「教えてもらえないから自分で学び取るしかない」

わたしの意図するのはそこです

 

多くの生徒が、まず「解き方を教わる」ことを期待して待っています

どうに解くのか教えてもらってから解くんだ~って

…そんな、例題類題方式でなら、その場で「できない」子の方が少ないです

その場で「できる」から「できた!」と、「わかった」気になって、あとは野となれ山となれ

テスト前に慌てているのが目に見えます

最初から難解で、「これどうやって解くんだろう…」とまず自分で考えてみる

それが、どんぐり問題を小学生の頃に経験した(低学年から継続した子はなおさら)子には

普通にできることなのですが、

…もちろん、どんぐり問題じゃなくても、ちゃんと「考える」生活をしてきた子なら大丈夫

多くのそうでない子たちは、まず「自分の頭」というコンピュータを使うこともせず

「わかんないから教えて」と瞬時に諦めてしまいます

 

…昨日も、とある場所で、塾生ではない小学生たちと過ごすことがあり、

「暇だからクイズ出してよ」というので

その子の学年相応の難度のものをノートに書いてやると、

…純粋な、クイズです。遊び感覚の。

そうですね…ものの10秒も考えず、「わかんない。答えは?」

その子に限らず、そこにいる子のほとんどが、たかがクイズでそんな状態です

昔から感じてはいましたが、その「10秒」は、年々短くなってきているように感じます

「わかんない。ヒントは?」は3秒ほどで出てきます

もう、考えることを楽しむ、という経験すら、楽しめない小学生たち

そんな子たちを見ていると、もう、わたしの頭の中には、

彼らの背景となる環境、社会現象、様々な情勢、

あらゆることが巡る訳なのですが、とりあえず身近なところでは、

 

  スイッチ一つで暮らせるからね…ということ

  リモコン一つでなんでもちゃかちゃか変えられるもんね…ということ

  できなきゃやらなくていい状況だもんね…ということ

  親がなんでも手出ししすぎるんだもんね…

  ゲームですら、攻略本を見ながらいち早く攻略するんでしょ…

  決められたことだけを言われたとおりやってるだけだもんね…

  「自分の頭」にすんごいコンピュータが入ってること、知らないんだよね…

  園児の頃からなにかするにはお教室、やスクール、で

  自分の頭で自由勝手に考えて動く経験が、明らかに少なかったよね…

  レジャーといえばショッピングモールかテーマパークばかりでしょ

  「お金で買う」「遊んでもらう」楽しさしか知らないんだもんね…

  そして、「できない」ことを許されずに来たんだね

  「できる」ことがすごい、って、周囲が思いこませてね…

 

なんてぐちゃぐちゃに色々思いを馳せて…

 

「答えは!?早く教えてよ!」と叫ばれてふっと我に返る、

その子の背景をダイナミックに想像しつつ無言でいた私に答えを催促してくるので…

 

最終的には「かわいそうに…」と声にならない声でつぶやきつつ

「答えはまた来週、考えておいで~」とにっこりすると、

「えーー!!絶対やだ!!今すぐ教えて!」

まあ、その子たちとのやりとりは、もういいでしょう…

 

昔の人は、

昔の子どもも、

日々、独学していたんだろうな、と思うのです

わからないから、とすぐにスマホをすいすいやることもできないし、

スマホどころか便利な道具もあんまりない

だから、自分たちで知恵を絞って作り出すしかない

生活のための道具も、遊ぶための道具も

 

わたしたちは、

そんな先人たちの知恵と工夫を礎に進化し続けた完成品(まだまだ?)の上に

どっかりと腰を下ろして、たいして頭脳を駆使することなく生活できています

昭和生まれのわたしたちは、まだぎりぎり、ちょっと不便な時代を知っていて、

情報も今ほどではない時代を生きてきて、

親たちが、教育やら習い事やらについてスマホやパソコンですいすい調べることもなく

せいぜい井戸端会議で得た情報に踊らされる程度で

「教育ママ」なんて言葉がちょいちょい出てきた頃で

でもまだ、「子どもは風の子!」なんて冬でも外に出て遊べ!と放り出され

鼻を垂らし、住宅街で育ったわたしでさえ、

冷たい公園の遊具にぶら下がってしりとりなんかしていた時代を

経験してるわけで

 

それなのに、わたしたち世代で、「あの頃がよかった」と感じている人は少ないし、

自分の子育てに、あの頃を意識して応用している人も少ない

少なくとも、子どもにとって今の状況がどうなのか、と立ち止まって考えている人も少ない

 

目の前の疑問を、なんでも携帯端末でぱぱっと解決できることが、

子どもにとって本当に素晴らしいことなのか、疑問を持つこともない

 

もっと言えば、

手をかざせば水が出てくる蛇口や、

目の前に立てばふたが開き、用が済めば自動で流れるトイレや、

黙って商品とお金を突き出せば買い物ができる店ばかりなのや、

車で移動中でも「いつもの番組」を欠かさず見られるモニター常備なのや、

そんなの色々ひっくるめて、ほんとは子どもにとってどうなのかな?

って

立ち止まって考える人は少ないので

 

それなのに、中学生になると、求めるんでしょう

いや、小学生にも求めるから進学塾に行かせるんでしょう

「自主的に勉強しない」って嘆くんでしょう

 

自主的に、遊びも自由にさせなかったのに?

自主的に、暮らしの工夫する必要もないのに?

習い事で埋め尽くして、あらゆる武装をしているように見えて、実は

子どもの自主性を思い切りつみ取っていたのに?

勉強だけ?テストの時だけ?

そんな都合のいい頭脳がとってつけたように後付けできるなら

子育ての意味なんて皆無ではないですか

 

丁寧に、赤ちゃんの時から一生懸命考えて、環境を整えて、

心豊かに、と心がけて、毎日を、大切に育てている人もいるのに

 

「やる気スイッチ」が家電量販店で買えるなら、

「自主的に勉強する」頭脳がアマゾンで買って後付けできるなら

お金のある方はどうぞなんでも、勝手に好きなように

…親が立ち止まって考える必要もありません

 

全部種は大人が蒔いていて、

その種の水遣りも肥料も必死に(特になぜか子どもが小さい頃に)してしまっていて、

子ども自身が大切に守っていた種がようやく発芽しても大人が勝手に蒔いたのに邪魔されて、

光を浴びられず、なかなか育たない

知らないうちに絶えてしまう芽も

 

で、

ある年齢になると「なんで肝心な芽が出てないの!」と大人が逆ギレ

つみ取ったのは、誰?

枯らしたのは、絶やしたのは、誰…?

その「芽」さえ、大切に守り、育てておけば、

親御さんも、そんなところで切れる必要もなければ、

そんなことで子どもと衝突することもなかった

思春期なんて、他にも衝突しなきゃならないことたくさんあるのに、

それは要らないでしょう…という、なんという理不尽な衝突でしょう

 

わたしは、小さくても、枯れかけていても、

子ども自身が大切に守ろうとしてきた芽の存在を信じて、

そして、知らずに絶やしかけてしまった、でも、今からでも生き返らせたい、と

強い信念と覚悟を持った親御さんの心を信じて、

今日も「教えないで学ばせる」ために準備しています

 

どどど、ど、どうしたらいいの!?

悩んでる親御さん、まずは自分の頭で考えるんです

子どもたちと、同じです

 

中1が一次方程式の応用に入ります

教科書と、問題集の文章問題全て、3日間ほどかけて全解きしました

わたしは、解説はしませんがわたしが解いたノートをコピーして配布します

全ての問題を自分で解くことができるように

ミスをQノートに貼付して、わたしの解いたのを書き写し、質問ができるように

それを、生徒たちがどう使うかは自由です

 

世の中には、

子育て本や、教育本があふれかえっており、

みなさん好きなのを自由に手にとって読むことができます

ネットで情報を探す方もいるでしょう

たとえば

どんぐり式!だな!とびびっときた方も

糸山先生の著書やサイトから入り、

わたしのような地方のいち指導者のサイトにこうしてたどり着き、

他の先生方のページなども熟読し、

様々な受け止め方をなさっていることでしょう

 

でも、そこから先はご自身の「頭の中のコンピュータ」の仕事です

 

中学生の勉強は「質問力」です

自分が何に疑問を持って、どういう質問をして、どう解決したか、ということを

克明に記録に残すことで、学力は確実に本物として身についていきます

それがわからん帳システム(どんぐり学舎ではQノート)です

 

試行錯誤しながら、結論にたどり着く

「答え」が重要なのじゃなく、そこまでの過程が強い根っこになっていく

小学生の、どんぐり問題と同じです

中学生も同じです

大人も、同じです

 

答えを求めて、検索していませんか

ずばりと、的中させることだけを、求めていませんか

人生、そんな単純な解法があるわけない、ってわかっていても

 

悩み、苦しんでも前に進みましょう

前に進む気があるなら、大丈夫です

大人だって、質問力

クイズの答えを出題早々「さっさと教えてよ!」なんて生き方は

つまらないじゃないですか

 

ちなみにわたしもきっと、質問するのがヘタです

自分の思考を整理するために、文章を書いたりもしますが、

あまり適確に質問できなくて、相談相手を困らせることもしばしば

 

でも、前に進もうとしています

えっちら、おっちら、立ち止まったり、振り返ったり、

あーあ!と声に出して悔やんだりしながら