どんぐり学舎

かてごりー:小中学生のこと

新年度に向けて  笑顔でいこう!

どんぐり学舎の2015年度は今週で修了します

今日は6年生の塾生さんたちは、小学校の卒業式を迎えています

さて

新年度からもどんぐり学舎の中学部でやっていくのか?

と、

今回、全員の6年生と個人面談をしました

その前に、ここの中学部がどんなものなのか、

中学生の勉強とはどういうものなのか、散々、話して聞かせ、

それから、それぞれの意志を確認して、最終面談をしました

 

結果的には、

絞り込まなくてはならない人数まで絞れず、

定員オーバーでのスタートになりますが、

ひとりひとりと話してみて、それはどうにもなりませんでした…

 

高校進学も、ここへ通い続けることも、

誰の指図でもなく、自分の意志で決めること

しかも、親の義務の教育は終了するのだから、

高校に行かせてもらいたいなら親に頭を下げて頼むのです

どうですか

そこまでの意志がありますか

 

みんな、わたしの目をまっすぐ見て、

しっかりと意志を伝えてきました

わたしは、信じて受け入れました

 

ここは「塾」ではありません

小学生の思考力養成はもちろんのこと、

中学生にとってはもっと「塾」とはかけ離れた施設です

 

孤独に自分一人で入試に立ち向かう意志のある中学生が

独学を進めるためのアクセントとする部屋です

なんと

教室名も4月から新しくなります

その名も

 

D→K Room  (ディーケールーム)

 

どんぐり学舎卒業生専用サポート付自習室

という名目です

由来は、

どんぐり から クヌギへ

大木に育つイメージです

 

我が家の庭のクヌギは…

そう、娘たちが幼い頃おままごとのあと放置したどんぐり(クヌギ)が発芽した木は

次女の背丈を超えました

すぐに

長女の背丈も超えて、わたしのことも追い越していくことでしょう

なんにも、世話もしていないのに、勝手にすくすくと

好きなように伸びています

 

小学生たちも

中学生たちも

きっと、あんな風にただただまっすぐ空を見上げて、

伸びていきたいんだ

 

毎日、クヌギの幼木を見て考えます

 

年度替わりで、

相談や、悩みがいつもより多く寄せられている気がします

大きくは同じ事を伝えているけれど、

それぞれの事情や環境は異なり、

理想に近づけるには困難なケースもあります

それでも、

どうしよう、どのようにしていこう、と

真剣に悩み、考えることは、

とっても大切なことで、

ちっともマイナスではないと思っています

考えがまとまらなくて、真意を読み取るのが難しい文章が送られてくることもあります

それでも、

わたしにどうにかして伝えようと文章にまとめていることが

伝わってきて、心に響きます

魔法使いではないから、

ぱぱっと解決してあげる、なんて能力は持ち合わせていませんが

それでもわたしに伝えようとしている段階で、

解決への道は拓け始めている

ご自身で拓き始めている

そう感じます

 

中学生にも、大いに悩み、迷い、もがいてもらいたい

そういう経験をさせないと、絶対に、力はつきません

簡単な方法などない

楽な方法などない

でも

自分を高める努力は、本当は楽しいものです

 

悩み、迷い、もがいているからと簡単に助け船は出さない

それは、小学生に対しても同じですが

それでも、ずっと、そばにいる

安心して「もがかせる」

安心させる時点で「甘い」かもしれません

もっと厳しくすればもっと伸びるのかもしれません

でも

わたしがわたしらしく仕事をする

わたしらしく生きるために

そこを曲げることはやっぱりできません

先生が甘いから伸びない、だからもっと厳しい塾に行く

言われたこともあります

それでも

わたしは子どもが自分で伸びる「すごさ」を

あきらめたくないのです

私なんかが牽引するんじゃ間に合わないくらい、すごい伸び方をするのを、

やっぱり、特に、小学生の思考力の伸びを見ていると

震えるほど実感しているのです

 

課題を出し、指示を出し、従わせ、目の前の成績にこだわる指導法では

見えないだろうな

と思います

見えなくてもいい、成績さえ上げればなんだっていいんだ、と反論されるでしょう

そういう塾で働いたこともありますから、

それが誰のためで、なんのためなのかも知っています

 

いろんな塾がある

いろんな勉強法がある

いろんな目標がある

みんな、違う

自分は、どう進むか

自分で、考えるのです

 

中学生も、親御さんも

 

こんなんでいいの?っていうくらい、体も、頭も、自由に遊び倒した小学生は、

やっぱり最強

まっすぐな目をして、自分のために生きることを知ってる

そういう、活力があります

そういう子が増えているどんぐり学舎です

親御さんの表情もどんどん素敵になってる

 

どうか、どうか、

素敵な、春休みを

笑顔で、余裕の新学期を

頭で考えないで、目で見て、子どもの表情を

こんなんでいいの?って思うくらい、

遊び倒してください

中学生もね!

 

※小学生、各曜日、卒業生が出ますので少しだけ空席が生じます

  予定が合うのを待っていた方はご連絡ください

 

※中学生 1年生は満席です

  2、3年生

  どんぐり学舎卒業生専用の部屋ですが、のびのび育っている子、

  自分の意志がある子には向いています

  興味のある方はご連絡ください

ぷろふぃーる
« 2017年07月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

あーかいぶす

最近の記事

かてごりー

どんぐり学舎 RSSフィードはこちら