どんぐり学舎

かてごりー:子どもとのくらしの中で

DSS2016・川遊び 2回目 開催!

立て続けではありましたが、

行けるひとと行けないひと、それぞれに都合がありましょう、と

どうせ我が家は行くのだから…とお誘いした第二弾

 

お盆期間中で、参加メンバーは少なく、

ところが、いつもの河原は見たことないくらい大混雑…

 

千葉県の金森先生家族がいらっしゃるということで

昨年に続き、会いに来た、というのもあるのですが…

 

本当なら長野県の内山先生家族とも合流できるはずでした

でも、残念ながら娘さんの体調が悪くなってしまい、今回は断念…

あるある。子どもの小さいうちって、あるんですよね…

残念ですが、チャンスはまだまだあります!

次回を楽しみに

 

そしてみなさんにこの3ショット写真をいつかお見せできるように(笑)

 

Gフォレスト 金森 ・ シンク長野青木島校 内山 ・ どんぐり学舎 泉

奇遇にも全員同い年…

 

おふたりのブログもよく拝読していますが、

実際にご自身の子育て中でもある「お父さん」

で、どんぐり指導者

先生のお子さん達の生き生きしたナチュラルな育ちをブログで拝見したり、

お話を伺ったりしていると、

わたしひとりの実践、わたしひとりの経験では説得しきれない大事なことが、

よりたくさんの方に伝えられるんじゃないかと

本当に心強く思えるのです

食生活や、生活環境、自然遊びなど、「お父さん」だけでは

なかなか実践しづらいんじゃないかな?と

「お母さん」としてその辺の主導権をやんわりと握れる私としては

その辺、どんな風に?と聞いてみたかったところもあるのですが、

昨夏、そして、昨日、金森先生の奥様と話していて、思いました

まずはご夫婦仲がよく、よく話をしている(感じがする)

そして金森家、ちゃんとしたキャンプ場にはほとんど行かず、

設備もなんにもないただの自然の中でキャンプすることが多いと聞いて、

正直、抵抗なかったですか?と奥様にインタビューすると、

「最初は、正直…でも、子どもたちのためですから」

と、きっぱり

ステキ!

だーれもいない冬の海岸でのキャンプはちょっと怖いくらいだった、とか、

笑いながらエピソードを話す金森家、

それでも、そんな体験を御家族でひとつひとつ積み重ね、

子どもたちは逞しく、優しく、そして賢く育っているんだな~!と

1年ぶりに会った三兄弟のくるくる、きらきらしたお目々を見ていて

心から納得したのでした

 

14年前に、初めて糸山先生の『絶対学力』を拝読した時に、

いちばーん最後に奥様にあてた感謝のことばがあったのを読んで、

感動したのを思い出しました

 

ひとりでは難しいかもしれない

でもふたりなら、2倍以上のパワーになる

それが夫婦だったら

子どもにとっては最高のボス

もし事情があって、ふたりのパワーを望めないなら、

ぜひ、近くで探してほしい

性別問わず、一緒にボスになれる相方を

子どもたちのために

ぜひ

 

わたしたち夫婦はというと

ふたりして(3日前に泳ぎすぎたか…)風邪を引いて微熱…の状態での今回

それでも、現地では無言で理解し合える部分が多く、

まあ、でも、2人でいる時はよく喋る…とにかくいつも話をしています

特に、子育てに関して意見はほぼ一致しており、

そしてなにより、わたしの「仕事の一環」?でもあるDSSにおいて、

完璧なサポートをしてくれることに心から感謝しているのです

…言わないけど!!

 

家族だけの夏休みを控え、仲間と思い切りふざけ合って遊び合えた今回

うちの子どもたちにとっても、参加してくれた親子みなさんにとっても

よい1日であったと思います

 

それではギャラリーを御覧ください!


 

 

金森さんからちーばくんと千葉名物いろいろ!

落花生饅頭絶品!ごちそうさまでした!

ぷろふぃーる
« 2017年09月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

あーかいぶす

最近の記事

かてごりー

どんぐり学舎 RSSフィードはこちら