どんぐり学舎

かてごりー:小学生のこと

レオンくんのひみつノート

どんぐり学舎は今週から3週間お休みになります

(D→K Roomはお休みじゃありません)

 

せっかくの夏休み、夕方から用事があったら、思い切り遊べないじゃないですか!

わたしも、できれば授業のかわりに、外でみんなと遊びたいな

そのためのフェイスブックグループも作ってもらったので、

まだエントリーしてない方はどうぞエントリーしてくださいね

(昨日も、川遊びに行ってきましたよー)

 

そして、休みの間に挑戦してほしいのが「おうちどんぐり」

どんぐり学舎の生徒さんの場合、

どんぐり学舎に来ている時だけがどんぐりタイム

というケースがほとんどです

でも、せっかくの夏休み、親子で、体験してもらいたい!

…というわけで、

・自分のどんぐり問題とお宝

・おうちの方用のどんぐり問題

を、持ち帰っていただいたのです

 

ルールはどんぐりっこさんが詳しく知っていますが、

一応、ルールも同封しておきました

ぜひぜひ、楽しんで挑戦してみてくださいね

そして、 「いつものように」 きっと、おうちどんぐりでも一生懸命「考える」様子を

そっと観察してみてください

決して言葉をかけないように

ヒントも絶対に

私と同じように、ただただ、笑顔で、ゆったりと、見守ってあげてください

 

間違えたっていい

今日はあきらめてもいい

お宝にまた放り込んでも、いいんです

取り組むことが嫌にならないこと

挑戦することを怖がらないこと

全てに通じるそういう力を、伸ばしてあげましょう

 

さて、

休みに入る前の最後の授業の時に、「レオンくんのひみつノート」をみんなで作りました

糸山先生が作ってくれた、どんぐりっこ限定の貴重なノートです

それぞれが自分で手作りします

 

糸山先生がこのノートに込めた思い、

みんなに伝わったかな!

 

私も小学生の頃、自分で本を作るのが大好きでした

大きな紙に切れ目を入れて、折りたたむと本になる方法があり、

その方法でたくさんの小さな本を自分で作っては、

物語やマンガを書いていました

いったん書いたものを解体すると、絵や字は、ばらばらの方向を向いていて、

不思議な気持ちになって、何度も折りなおしてみたりもしました

まさに

展開図の不思議を体感していたんですね

 

子どもはそんなくだらない、些細なことで、後々につながる大きな疑問符を

大切に保管することになります

全ての興味は疑問符から

すぐに答えを示さずに、子どものまわりみちや、まよいみちを、

大切にしてあげてくださいね

 

夏休み、

みんながたくさん遊んで、たくさんおうちどんぐりを楽しめますように

 

ぷろふぃーる
« 2017年09月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

あーかいぶす

最近の記事

かてごりー

どんぐり学舎 RSSフィードはこちら