どんぐり学舎

かてごりー:どんぐり・しぜん・すくーる

暑~い体育の日に焚き火

DSSどんぐり・しぜん・すくーる 代表のいずみさとこです

10月でしょ、もう、秋でしょ、風は冷たいでしょ、そろそろね、

というはずの連休最終日…

近所の川原で焚き火を企画しました

きっとぽかぽか癒やされると思ったから…

 

ところがですよ、信じられない猛暑日でした

…実際には、

30度は超えていないでしょうから、気象用語上は「夏日」と言うようですが…

もう、真夏の身体能力を忘れかけ、涼しい風にあたって呑気にしていた体には

堪えました…夏日の焚き火…

変な汗をやたらかいて、帰宅したら熱が出ていました

どうもフラフラすると思ったら…

声も変な風になっちゃって、久々に風邪を引いた感の火曜日、

生徒たちに「ど、どうしたん?」って笑われながら変な声で「こんちわあ~」

もうすっかり元気になった本日水曜日です

 

※熱を出すのは、嫌いじゃありません

 自分の熱も、子どもの熱も、とても大事に思っています

 体の自然な反応です

 全ての体の反応は、命を守るためです

 まずは逆らわず、落ち着きます

 整体では、人は1日に何回も「風邪を引く」と言います

 ちょっとだるいな、ちょっとかっかするな、と思ったら、

 自分の体が、体内のなにかをやっつけている証かも

 そんな時は自分の体を応援した方がいいです

 自分の体の働きさえも抑えつける、化学薬品にすぐ頼る前に

 

さてさて、そんな焚き火の月曜日、祝日

夏みたいに暑かった訳ですが、

それでも子どもたちは元気一杯、思い思いに遊びました

またまた砂鉄集め、

またまた芝滑り、

またまた石垣のぼり…

※これは年長児

これが石垣の全貌

うひょー、高い

「正義感あふるるおばさまに今回は見つからぬよう…」と

いけない注意をし、大人は一応わたしだけゆっくり後ろをついて行きました

「だいじょぶだいじょぶ!」とケタケタ笑いながら子どもたちは、

「あ、自転車が来た!」「ストーップ!」などと偵察しあったり、合図を出し合ったりしながら

ぎゃあぎゃあと登っていました

 

やっと風が冷たくなってきて、

いい感じにお芋が焼けて、

焚き火の似合う夕闇にさしかかる頃、

片付けなければならなかったのは誤算でした

 

子どもたちはまだまだ、暗闇の焚き火を楽しみたかったよね

今度は暗闇でも片付けができるよう照明を準備していくから、

もう少し、暗い中で炎を囲んで遊ぼうね

 

次に焚き火を企画するのは、寒~い日にします

お楽しみに

 

ぷろふぃーる
« 2017年7月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

あーかいぶす

最近の記事

かてごりー

どんぐり学舎 RSSフィードはこちら