どんぐり学舎

かてごりー:どんぐり・しぜん・すくーる

砂鉄を集めてどうするの?

放課後どんぐりで何回か訪れた「川原のある公園」

さらさらとした砂地を見ていたら、砂鉄の鉱脈…

そうだ、砂鉄集めしよう!

早速磁石を持っていって砂鉄を集めていると、「ぼくも!」「わたしも」

う~ん!大ヒットの予感!

 

そうして、どんぐりっこたちは、

川原や公園の砂場で砂鉄を集めることに一時夢中になりました

大人の方々も「そういえば昔集めたっけ」「懐かしいなあ」なんて言いながら、

始めるとついつい、無心になって集めてしまう…という現象に陥ります

 

なんてことない砂地で、磁石をひょひょひょ~って動かすだけで、

アフロヘアみたいにくっついてくる砂鉄

たくさん集めて持ち帰って、家でさらに「精製」する子、

自分だけの「砂鉄集め装置」まで作成する子、

みんなより多く集められる場所をいち早くみつける子、

それぞれが楽しんで集めているようでした

 

砂鉄集めをしてみたい!という方にちょっとしたヒントを

今、ネオジム磁石というのが廉価で手に入るようになりました

ほら、1㎏くらいのものならぶら下げられる、

マグネットフックに使われているような、強力な磁石です

文具売り場にある教材の磁石では、磁力が弱く、

集められないこともないですが、ネオジム磁石を手に入れればなお楽しいのです

最初はホームセンターの工具売り場のお兄さんに尋ねて、お兄さんも知らなかった、

ひっそりと隅っこにあった超強力なネオジム磁石を購入して試してみました

その後、100均にも売っていることを知り、みんなには紹介しました

ホームセンターの磁石の方がやや強力ですが、

100均のでも充分強力です

探してみてください

あまりにも強力なので、

磁石はペットボトルか、フィルムキャップのような密閉できる容器の中に入れて、

容器の外側に砂鉄がつくようにします

磁石に直接砂鉄がつくと、とるのに厄介です

実際に装置を作って集めてみると、それぞれに改善の余地を思いつくようで、

ものすごく画期的な集め方を思いつく子や、

特性の付属装置を作ってくる子もいて、それはそれは子どもたちの発想力に感心したものです

ここから先は、ぜひ、お子さんと試行錯誤してみてください

 

最も砂鉄が集めやすかったのは、台風で川が溢れて、水が引いた後の岸辺でした

岸辺に残された砂地の中に、黒い筋があったらそれは砂鉄の「鉱脈」です

磁石の装置を当てるともわもわっと砂鉄がついてきます

 

そんなこんなでわたしたちは、何週間もかけて砂鉄を大きな瓶にいっぱい集めました

中には、「ちょっと行ってくる!」とヘッドライトを装着して、

仕事の後砂鉄集めに行ってくれたお父さんまでいましたよ!

大人もなんだか楽しんでしまった砂鉄集めでした

 

で、砂鉄集めてどうするの?

 

子どもが遊んでいる間の大人座談会の中で、

「砂鉄を集めて鉄にして、船を造った人がいるそうだ」なんて壮大な話も聞きました

うわあ!

そんなことができたら…みんなでその船を湖に浮かべて…なんて想像してみましたが、

そうだ、「あれ」やってみよう、また私は思いつきました

 

その日ばかりは、公園では作業できないので、「公民館」を借りました

みなさん、意外と知らないようでしたが、「公民館」は自治体のもので、

たとえば高崎市民なら高崎市の公民館を無料で借りることができます

もちろん、希望の日時が空いていればですが

登録団体として登録すればなお借りやすいのですが

単発でも空いていれば借りられるのです

営利目的じゃなく、市民の活動なら誰でも

そうして、みんなが集まりやすいかな、と思える隣町の公民館を予約しました

放課後どんぐりですから、時間ピッタリにみんなが集まるわけではありません

だいたい集まってくるまで待ちました

 

そう、この日作ったのは「動くスライム」です

砂鉄を、スライムに混ぜ込んで磁石で動かすのです

 

ここでスライムの作り方を説明します

材料は

・ホウ砂

・洗濯糊(ポリビニルアルコール)

・水

以上です!

洗濯糊と水、ホウ砂と水を分量を量って混ぜるとスライムのできあがりです

分量は調べると簡単にわかりますが、

今回、砂鉄スライムを作るためには何度も自宅で試作して、

どうやら砂鉄(というか、砂)に水分を持っていかれ、堅くなるぞ、

という不具合を何度も水の分量を調整して実験を重ねてちょうどいい分量にしました

 

砂鉄を混ぜるのは、ホウ砂水溶液と、洗濯糊水溶液を混ぜる前、洗濯糊水溶液側です

ホウ砂は結晶で薬局などで売られています

冷たい水には溶けづらいので、湯煎するか、お湯で溶かすと水溶液ができます

毒性があるので、目に入れたり、舐めたりしないよう扱いには注意が必要です

 

大人の方には、なぜこの材料でスライムができるのか、化学式なぞ書いて説明しました

高校の化学で出てくる高分子の仕組みです

 

とにかくまあ、ただのべとべとだった洗濯糊液が、

ホウ砂水をいれるとすぐにゲル化するのが楽しく、また、不気味で、

カップに材料を入れ、割り箸で混ぜている子どもたちは

薬品を入れる度に「うわあ!」と叫んでいました

どの子も科学者みたいに神妙な顔つきで、

不思議な変化を楽しんでいました

 

自分で集めた砂鉄を混ぜた子もいれば、みんなで集めた大瓶の砂鉄を混ぜた子もいて、

完成した砂鉄スライムのクオリティは様々でした

 

小さなネオジム磁石を近づけると、少しずつ、すこーしずつ動いて、ぐにょ~ん、とのみこむのです

のみこまれた磁石を探し出すために、私が大きなネオジム磁石を持ってまわりました

「捜索隊だよ~」と近づけると、のみこまれた小さな磁石がぴょこ!っとついてきます

本当は、磁石のくっつく金属のテーブルじゃなく、

木製やプラスチック製の台の上でやってみるといいですよ

砂鉄スライムに磁石を近づけると、カタツムリの触角のように

ぴょこぴょこと突起がでてきたりもします

珍しく室内で、

不思議な遊びを楽しみました

砂鉄を集めてどうするの?という結末をしめくくりました

 

最後には、私がサプライズで用意した蓄光塗料を混ぜ込んだ光るスライムも作りました

みんなで手に乗せて、

電気をせーので消してみたら、「わー!!」ってなりました

 

スライムは、うまく作ると数日は遊べます

水分量を調節すれば、指の間からどろどろり~と出てくるような、

もっと気持ち悪いスライムが作れるかも!(笑)

同じ材料で、混ぜる水を塩水にするとスーパーボールも作れますが、

真水のスライムが数日たって水分を失ってくる段階で、毎日こねて、まるめていくと、

スーパーボールもどきのものができますよ

これも、

手作りしてみてわかった結果です

 

参加者は26名

公民館は車もたくさんとめられて、とってもいい集合場所です

なるべく屋外遊びで冬もがんばりますが、

もしかして、室内で何かしたくなったら、また公民館を借りられたらな、って思います

 

ホワイトボードに名前が書かれていてとっても嬉しかったので

 

みなさんも、川原や公園で、砂鉄を集めて楽しんでみてください

 

なお、11/26WSの日の「どんぐり子ども小屋」では

スライム屋さんを出店する準備をしている子たちがいます

お楽しみに!

 

Almost Photos by Abe-san

ぷろふぃーる
« 2017年11月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

あーかいぶす

最近の記事

かてごりー

どんぐり学舎 RSSフィードはこちら